アーボリスト講習会

南伊豆、ワンダーフォレストテラでの
アーボリスト講習が4/23~26で開催されました。

アーボリストがどのような作業をする人なのか、
知らないという方は多いのではないでしょうか。

アーボリストは欧米ではガーデナーとともに
よく知られている職業ですが、日本ではまだ
「アーボリスト」という言葉を聞いたことがない
という方も珍しくありません。

樹木専門のスペシャリストのことで、
「アーボ」とはラテン語で「高い木」という意味で、
樹木に関する知識を豊富に持っており、木の剪定や
メンテナンスを行ったり、
樹木の危険診断を行ったり、
また樹木医としてのスキルもあり、幅広い知識を兼ね
備えた樹木に関するプロです。

今回はBacic Arborist Training(BAT)Ⅲで
カットした高い木の枝を下の家などに
損傷を与えないよう ロープで離れたところへ
おろしたり、スパイククライミングで高所の
チェーンソーワークでした。

日本でも第一人者のアーボリスト松岡さんを講師に
総勢11名で取り組んでいました。

真剣な座学やワークを終えての食事の団欒も
また楽しいコミュニケーションのひと時でした。

コメントは受け付けていません。